2006年02月26日

寝不足

えー。こんばんは。

28日も終わりましたが、26日分行かしていただきます。


昨日は、看板にぶつかったり、物を落としたり、他人の話を聞きながら意識がプツリと途切れたり、してました。

つまりは、寝不足です。

えーコロンビア大学のMBAで教鞭を取られているジェームズ・B.マース教授に依ると、睡眠は人の仕事のパフォーマンスを含めあらゆるものに影響があるため、充分な睡眠は非常に重要であると。

そして、中央官庁の仕事は、寝不足の連続であると。

よって、中央官庁のパフォーマンスに期待はできないと。

つまりは、「寝不足の公務員をさらに5%減らすのは、おいおい、どうする気だ小泉さん」と言いたいわけです。


<参考資料>
パワー・スリープ 快眠力―この「眠りかた」で体と脳に奇跡が起きる!(原書:Power Sleep: The Revolutionary Program That Prepares Your Mind for Peak Performance


まぁ言いたいことは色々ありますが、あまり言わずにおきましょう。
採用面接の時に、「夜1時まで仕事の時もありますが大丈夫ですか?」って聞かれました。

僕は、「はっはぁ〜ん。コイツ俺の覚悟を試しとるな。」って思いました。正直ね。

でも、結果どうだったか。

1時どころか、3時、4時あたりまえ、始発帰りや帰らないって感じですわ。


要するに公務員は楽ではないことを言っておきたい。

これは何も1種だけではなく、2種、3種も部署によっては同じです。


よくよく何故自分が公務員になりたいのか、考えておいた方が良いです。

自分がどういうときに、充実感が得られるのか、満足するのか、幸せになるのか、ってところから考えてみては如何でしょうか?

それが、実際に就職した時の強さに繋がってくると思います。


参考情報ですが、仕事はキツイですが、合コン受けはかなり良いです。
ただし、収入については買いかぶられているところがありますのでご注意を。
宜しければ、お願いします>>ランキング

posted by 脳内ソフトウェア更新中 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家1種合格ネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。