2006年02月22日

国家公務員1種試験合格のヒケツ

えー。何か面白いブログないかなぁ・・・って思って、ネットを彷徨ってました。

ちなみに、僕が面白いなぁーと思うブログは、例えば、

ベタですが、生協の白石さんであり、困ったときのベタ辞典であったりする訳ですが、

ありましたよ!


杉村太蔵ブログ−自由民主党−

です。

太蔵議員のマスコミでの露出を見てて、いや正直言って、ナメてましたが、・・・ブログ・・・面白いじゃないですか!!!

文章のぬるい温度感と、カマ言葉がイカシますね。


さて、早速話がずれましたが、国家1種での合格のヒケツですね。

実はですね。筆記試験の直後に"非常に重要な"試験が行われます。
全問2択です。

では、実際に出題された問題を挙げてみましょう。

問.いつも周囲の人が自分の悪口を言っている。 はい いいえ
問.私は神である。              はい いいえ
問.週に1度は、体中が熱くなる。       はい いいえ

ほんとね。1問目の問題に答えがあるとすると、いじめられっこを落とそうとしているか、いじめられっこだけを採用しようとしているかのどっちかですね(怒)。

ま、それはともかく、こんな問題が数十題も出題されたら、流石に、たまには「はい」って答えたくなるってもんです。

なので、みなさん気をつけてください。気を確かに、正直に、腹を立てずに答えるようにしてくださいね。




と、ここで終わっても怒られそうなので、試験区分について一言。

試験区分によって、倍率が大いに違います。半端なく違います。
僕の受験した時は、法律だか行政だかで百数十倍のところ、僕は10倍未満の試験区分で受験しました。

なので、自分の得意/不得意と、試験区分の倍率と、働きたいと思っている省庁の採用予定区分については、事前にしっかりと調べて検討すべしです。

あ、もうやってる?・・・失礼しました。

宜しければ、お願いします>>ランキング

posted by 脳内ソフトウェア更新中 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国家1種合格ネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。